間接照明を取り入れたインテリアでお部屋をおしゃれな空間に

img_blog_001

間接照明を使ってみたいけれど、どうやったらいいのか分からないという方もいるのではないでしょうか。
間接照明をインテリアに取り入れると、お部屋がグッとおしゃれな雰囲気になります。
今回は、間接照明の柔らかな光でいつもの空間に変化をつける方法をご案内していきます。

おしゃれなインテリアになる間接照明

間接照明とは、壁や天井に光を反射させて周囲を照らす照明のことです。
一度別な場所を照らした反射光によって明るさを作り出すため、直接照明に比べて光が柔らかく、落ち着いた雰囲気を演出することができるのが特徴です。
デザインも一般的な蛍光灯より豊富で、洋室、和室を問わず、お部屋の雰囲気に合わせて選ぶことができます。
たとえば、天井照明に間接照明を取り入れるとしたら、フローリングのお部屋にはウッド調のシェードを使ったタイプ、和室には和提灯が合うでしょう。
他にも床置きタイプや卓上ランプなど、部屋の一部を照らす間接照明をいくつか組み合わせて設置しても素敵です。
間接照明にはおしゃれなデザインのものが多いので、ひとつ置くだけでお部屋のムードを盛り上げてくれるインテリアになりますよ。

お部屋別・間接照明の使い方

間接照明は、お部屋によって用途を変えることができます。
間接照明を取り入れる機会の多いリビングや寝室での上手な使い方をご紹介しましょう。

リビング

家族皆で食事をしたり、テレビを観たり、ゲストを招いたときのメインのお部屋ともなるリビングは多目的に使われる場所です。
生活の中心となる空間のため、しっかりした明るさが必要でもあります。
おしゃれな雰囲気を重視して間接照明のみにすると明るさが足りない可能性もあるので、主照明と間接照明を組み合わせて使うのがおすすめです。
主照明の他に、スタンドライトやスポットライトを設置して、食事や読書、くつろぎの時間など、その時々に合わせたさまざまな演出を楽しんでみましょう。

寝室

一日の最後の時間を過ごす寝室は、家の中でもっとも落ち着きたい空間。
寝る前に浴びる光によって睡眠の質が変わるので照明にも気を使いたいですね。
白やブルー系の光は脳を目覚めさせるため眠りに就きづらくなります。
寝室の灯りには夕日を連想させる暖色系の光が望ましく、柔らかい光の照らす間接照明は最適なのです。
ベッドサイドに卓上ランプを置いたり、スポットライトを壁に設置してベッドを照らすのが一般的な使い方ですが、光が直接目に入らない配置になるように気を付けましょう。

お部屋をよりおしゃれに見せる間接照明テクニック

最後に、お部屋をよりおしゃれに見せるための間接照明のテクニックをご紹介します。
まずは、テレビの後ろに間接照明を置く方法。
テレビが間接照明に照らされて、まるで映画館のような雰囲気になりますよ。
もうひとつは、観葉植物をライトで照らす方法です。壁などに葉の影が浮かび上がって素敵なインテリアになるので、ぜひ試してみてくださいね。

まとめ

間接照明は、それぞれのお部屋に合わせた使い方をすることができます。
間接照明をインテリアに取り入れて、いつものお部屋をおしゃれな空間に変えてみましょう。