お部屋のコーディネートに!卓上照明を間接照明として使ってみよう

img_blog_004_1

テーブルやチェストなどの上に置く卓上照明は、さまざまな間接照明の中でも使いやすいアイテムです。
今回は卓上照明の上手な使い方や選び方のポイントをお伝えしていきましょう。

間接照明に卓上照明を使ってみよう

その名の通り、テーブルや机、チェスト等の家具の上に設置する卓上照明ですが、一般的な使い方は直接手元を照らすという方法かもしれません。
しかし、卓上照明を間接照明としてお部屋に取り入れてみたい方は、壁や天井を照らすように設置してみましょう。
一度、壁や天井を照らして柔らかくなった光が周囲に拡散され、お部屋を広く見せることができるほか、光によって照らされた部分と影になった部分が作られるため、空間に立体感を出すこともできます。
卓上照明を間接照明として使うことに少し慣れてきたら、次はインテリアを照らすことにチャレンジしてみるのもおすすめです。
例えば、テーブルスタンドで、壁にかけた時計や絵を照らしたり、スポットライトで観葉植物を照らし出してみましょう。
卓上照明そのものはもちろん、照明から広がる光やインテリアを照らすことで作り出される影がお部屋のアクセントになりますよ。
卓上照明の色やデザインは、床置きタイプなどその他の照明器具と揃えると統一感が出ておしゃれです。

上手な卓上照明の選び方

照明イメージ 1

それでは、お部屋を素敵な雰囲気にして便利に使える卓上照明を選ぶ2つのポイントをお伝えしましょう。

シェード付きのタイプ

シェード付きの卓上照明は、光源からの光がシェードを通すことで和らぐため、お部屋を落ち着いた雰囲気にしたい方におすすめです。
シェードのタイプには、光を通す透過性と通さない不透過性があるので、好みや演出したいお部屋の雰囲気で選ぶと良いでしょう。

ヘッドが動くタイプ

ヘッド部分が動くタイプの卓上照明は、照らす角度を調節できて便利です。
机でPC作業をするときにも、直接画面を照らさないように角度を付ければ、光が反射せず目の疲れを軽減できます。

寝室での卓上照明の使い方

卓上照明は、リビングや作業部屋はもちろん、寝室でも効果的に使うことができます。
オーソドックスな使い方はベッドサイドに卓上照明を設置する方法。
寝る前の時間を柔らかい光の中で、ゆっくり読書などをしながら過ごすのもいいですね。
人間は、就寝前の灯りの状態でスムーズな眠りに就けるかどうかが変わると言われています。
直接照明などの頭上から照らす光は、日光を連想させるため、あまり好ましくありません。
太古の人々が炉や焚火の灯りを見ながら眠りに就いていたように、目線より低い光は脳をリラックスさせ、眠りに就きやすい状態にしてくれるのです。
寝室の卓上照明は、なるべく目線より低い位置に設置するようにしましょう。
また、寝る前に光を見つめると覚醒レベルが上がると言われています。
特にPCやスマートフォンのブルーライトは脳を覚醒させる作用があるため、就寝前には避けた方がよいでしょう。
反対に、色温度の低い夕日の色は人の気持ちを落ち着かせて眠りへと誘ってくれます。
眠る前の時間を過ごす寝室には、オレンジやイエローなどの暖色系の光を発する卓上照明を取り入れるのがおすすめです。

照明イメージ 2

まとめ

卓上照明は、間接照明の中でもいろいろな使い方のできるアイテムです。
インテリアを照らしてお部屋をおしゃれに演出したり、寝室を落ち着いた雰囲気にしたりとさまざまな方法で楽しんでみてくださいね。

中野照明商店の売れ筋商品!<卓上照明>