お部屋の雰囲気を変える床置き間接照明の上手な使い方

img_blog_005_1

お部屋を落ち着きのある空間にしてくれる間接照明には、色々な種類があります。
中でも床に置くタイプの間接照明は、使い方に少しテクニックが必要です。
今回は、床置き間接照明の上手な選び方や設置方法についてご案内していきます。

床置き間接照明は上級者向け?

間接照明をリビングや寝室に取り入れて、いつもの空間に変化を付けたいという方もいるでしょう。
壁や天井に反射させた光によって周囲を照らす間接照明は、直接照明に比べて光が柔らかく、落ち着いた雰囲気を演出することができます。
お部屋の趣きを手軽に変えるには、天井照明に間接照明を取り入れるのがおすすめです。
でも、床に置くタイプの間接照明を使ってみたいという方も多いでしょう。
床置きタイプの間接照明は、デザインも種類が豊富にあって憧れますね。
実は、床置きタイプは、上手に使うのが難しい間接照明でもあります。
照明の種類や置く場所によっては十分に魅力を発揮できないことも。
選び方や置き方にコツがあるので上級者向けの間接照明と言えるかもしれません。

床置き間接照明の選び方と置き方のポイント

照明イメージ 1

では、どのような床置き照明を選べば、間接照明の初心者でも失敗しないのでしょうか。
床置き間接照明を初めて購入する場合には、背の高いタイプを選ぶのがおすすめです。
背の低い床置き照明は、光の届く場所が限られるため、設置場所の選択肢が限られてしまうのです。
また背の低い照明は、意外と場所を取ります。
間接照明が初めての方は、まずはスペースを取らない背の高いものを選ぶと良いでしょう。
ヘッド部分が動かせるタイプは幅広い用途で使えるので特におすすめです。
次に、間接照明の置き方ですが、大切なのは壁や天井を照らすように配置することです。
直接照明と違って眩しすぎず、柔らかい光の照らす落ち着いた空間を作り出すことができますよ。
それでも、やはり憧れるのは背の低いタイプ。
ちょっと小粋なイメージで、センスを生かせるのも、床置きならではでしょう。
まずは、間接照明に慣れて、光の反射の仕方などコツをつかんできたら、背の低いタイプにもチャレンジしてみましょう。

床置き間接照明の色々な設置方法

最後に、床置き間接照明を上手に設置するテクニックをいくつかご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

背の高いフロアスタンドで壁面を照らす

一番スタンダードな床置き間接照明の使い方です。
背の高いタイプでしっかり光量を確保できるタイプを選びましょう。
リビングや寝室、玄関など色々な場所に設置でき、補助照明としても使えます。

主照明と組み合わせて手元を照らす

間接照明は読書や裁縫等の手仕事をするときにも便利です。
間接照明のみの灯りで暗い場合には主照明と組み合わせて使いましょう。

背の低い床置き照明をお部屋のアクセントに

背の低いタイプの床置き照明は十分な光量を確保しにくいですが、空間のアクセントになります。
リビングの空いた場所や寝室にもおすすめです。

スポットライトで天井を照らす

間接照明に慣れてきたらスポットライトタイプで床から天井を照らしてみましょう。
他の間接照明との組み合わせも色々楽しめます。

まとめ

照明イメージ 2

天井照明に比べて選び方や置き方にコツがある床置き照明ですが、使いこなせるようになればお部屋を一気に上質でおしゃれな空間に変えることができます。
いつもの部屋をまるで違う空間に変えてしまうのが光のチカラ。
使いやすいフロアスタンドをはじめ、色々な床置き照明に挑戦してみてくださいね。

中野照明商店の売れ筋商品!<床置き照明>