シーリングライトとペンダントライトの違いとお部屋別の上手な使い方

img_blog_006_1

天井照明に使われる器具には、主にシーリングライトとペンダントライトがあります。
どちらを選んだ方が良いかは、取り入れる部屋によっても変わります。
今回はシーリングライトとペンダントライトそれぞれの特徴と上手な使い方をみていきましょう。

シーリングライトってどんな照明?

シーリングライトとは天井に直接取り付けるタイプの照明器具です。
天井の高い位置から照らすため光が広範囲に届きます。
部屋全体がまんべんなく均一に明るくなるため、空間を落ち着きのある優しい雰囲気にすることができます。
また、シーリングライトは、天井に直接設置するため、部屋の中をすっきり広く見せる特徴もあります。
シーリングライトは、シンプルなデザインが多いため、どのお部屋のインテリアにも合わせやすく、一灯で部屋に必要な明るさを保持したい時にはぴったりの照明です。
また、多数のメーカーで、部屋の広さに合わせたサイズや照度のシーリングライトを展開しているので、選びやすい照明器具とも言えるでしょう。

照明イメージ 1

ペンダントライトってどんな照明?

一方のペンダントライトは、コードやチェーンで天井から吊り下げるタイプの照明器具です。
天井から吊り下げる分、照明の位置はシーリングライトよりも低くなります。
そのため、ペンダントライトは、シーリングライトに比べて光が照らす範囲は狭いですが、一点を強く際立たせて照らすことができるライトです。
部屋全体を均一に明るくすることはできませんが、照らす対象物の陰影をはっきりさせ、印象的に見せることができます。
また、ペンダントライトは天井から吊り下げることで、空間のアクセントにもなる照明です。
デザインもおしゃれで個性的なものが多く、ペンダントライトひとつでお部屋の雰囲気をガラリと変えることができます。

照明イメージ 2

シーリングライトとペンダントライトの使い分け方

では、シーリングライトとペンダントライトは、それぞれどこのお部屋で使えばいいのでしょうか?
シーリングライトは、一般的に広範囲に光が必要な場所に取り入れられることが多くなっています。
広さがありリラックスした時を過ごしたいリビングには、優しい光で十分な明るさを確保できるシーリングライトが最適です。
また、様々な目的で使われる子ども部屋にもシーリングライトを設置すると良いでしょう。
特に、時間帯や天気などの環境によって照度を調節できるタイプがおすすめです。
また、デザイン性を重視したい場合には、スポットライトが複数並んだおしゃれなシーリングライトもあります。
一方のペンダントライトは、それ程広さがなくデザイン性を重視する場所に適しています。
具体的には、ダイニングや寝室、玄関などに設置するのがおすすめです。
特にダイニングにペンダントライトを吊るすと、集まって食事をする家族の顔が照らされ、あたたかみのある雰囲気を作り出すことができます。
また、ペンダントライトが生み出すコントラストの強い灯りは、料理を際立たせ、美味しそうに見せる効果もあります。
ペンダントライトはデザインも豊富です。
小さめのペンダントライトをいくつか並べて設置したり、インパクトのある大きめのペンダントライトを設置すると、いつものダイニングがカフェのようなおしゃれな雰囲気になりますよ。

まとめ

照明イメージ 3

部屋の主照明となるシーリングライトとペンダントライトですが、それぞれ適した場所は異なります。
両方の違いをよく理解して照明を選び、お部屋を居心地の良いおしゃれな空間にしていきましょう。

中野照明商店の売れ筋商品!<天井照明>