リビング・ダイニングでの間接照明の上手な使い方

img_blog_007_1

ゆったりくつろいだ時間を過ごすリビングや食事をとるダイニングは、家の中の主となる場所。
その空間に間接照明を取り入れると、家全体の雰囲気がガラリと変わります。
今回は、リビングとダイニングでの上手な間接照明の使い方についてご案内しましょう。

リビングの間接照明テクニック

リビングは家族が集まってテレビを観たり、ソファでゆっくり本を読んだりしてくつろぐスペース。
ゲストをおもてなしするときにも使われる場所ですね。
様々な用途で使われるリビングでは、目的別に演出の仕方を変えられるよう主照明と複数の間接照明を組み合わせるのがおすすめです。
では、リビングでの間接照明のおしゃれな使い方をいくつかご紹介しましょう。

照明イメージ 1

スタンド照明をメインにする

シーンによっては、しっかりした明るさが必要なリビングですが、あまり煌々とした灯りを好まない人もいるでしょう。
そんな人におすすめなのが、天井照明を小さくして、メイン照明にスタンド型の間接照明を置く方法。
スタンドの向きを変えられるタイプなら使用目的に合わせて便利に使うことができます。

ソファの横に設置する

ソファのサイドに間接照明を置くのもおすすめです。
柔らかくあたたかみのある光で周囲が包まれるため、落ち着いた空間を演出することができます。
手元を照らすように照明を配置すれば、読書や編み物などの手仕事もおしゃれな雰囲気の中で楽しめますね。

テレビの傍に設置する

テレビ鑑賞をする時に後ろに間接照明を設置すると、テレビが浮かび上がるように照らされてムーディーな空間を演出することができます。
壁を照らした光がテレビに当たるように照明を配置するのもおすすめです。

ダイニングの間接照明テクニック

次に食事をするダイニングでの間接照明の使い方についてみていきましょう。
家族が集まって食事をするダイニングには、部屋全体を均一に照らすシーリングライトよりも、テーブルを集中的に照らして明暗を作り出すペンダントライトが適しています。
白系よりもオレンジ系の光源を選ぶと良いでしょう。
オレンジ色の柔らかい光は料理や一緒に食事をする人たちの顔を綺麗に見せ、あたたかみのある雰囲気を演出してくれます。
では、ダイニングでの上手な間接照明の使い方をご紹介します。

照明イメージ 2

おしゃれなデザインのペンダントライトを設置する

アクセントになるペンダントライトは、デザインを重視して選ぶとカフェのようなおしゃれな空間を演出できます。
小さめのペンダントライトをいくつか並べて配置しても素敵です。

ダイニングとテーブルの広さに合わせる

あまり広さのないダイニングに小さめのテーブルを置いている場合には、ペンダントライトが大きすぎると違和感を覚えます。
ダイニングとテーブルとのバランスを考えてライトを選ぶようにしましょう。

リビングとの統一感を大切にする

最近ではダイニングとリビングが繋がった間取りのお部屋が多くなっています。
リビングの照明が白系でダイニングはオレンジ系だと統一感が生まれません。
繋がった空間は、照明の色味も同じにするとよりおしゃれな雰囲気が演出できます。

まとめ

家の中心となるリビングとダイニングは照明にも気を配って、あたたかみのある落ち着いた空間にしたいですね。
間接照明を上手に取り入れて、おしゃれで上質な雰囲気を演出してみてください。

中野照明商店の売れ筋商品!