良質な睡眠を得るために。寝室での上手な間接照明の使い方

img_blog_009_1

一日の疲れを癒す寝室では、できるだけリラックスしてゆったり過ごしたいですね。
柔らかい光で周囲を包む間接照明は、寝室に適しています。
今回は、寝室での上手な間接照明の使い方についてみていきましょう。

寝室の照明にはどんなことに気を付ければいいの?

一日の始まりと終わりを過ごす寝室では、できるだけ落ち着いた気持ちで過ごしたいですね。
スムーズに眠りに就くためにも、寝室でどんな照明を使うかはとても大切です。
寝室に照明を取り入れる際のポイントは、光源が直接目に入らないようにすること。
寝る前に光を見つめると覚醒レベルが上がり、眠くなる時間帯が遅くなってしまうのです。
また寝室では横になっていることが多いため、照度の低い照明でも眩しさを感じやすくなります。
一度、壁や天井に反射させた光で床を照らす間接照明は、天井から直接床を照らす直接照明に比べて光が柔らかく、落ち着いた雰囲気を演出してくれるため、寝室にぴったりの照明です。

間接照明を寝室に設置する際には、配置と光源の色に注意すると良いでしょう。
太陽をイメージさせる真上よりも、夕日のように低い位置に照明を設置する方がスムーズな入眠には望ましいと言えます。
シーリングライトを使用する際には、半間接照明タイプがおすすめです。
また、光源の色も夕焼けに似たオレンジ色を選びましょう。
色温度が低くあたたかみのある夕日色は、気持ちを落ち着かせて睡眠へと導いてくれます。

照明イメージ 1

寝室での間接照明テクニック

それでは、寝室に適した間接照明の取り入れ方をご案内しましょう。
スムーズな眠りに就くための参考にしてみてください。

ベッドサイドにテーブルスタンドを設置する

寝室に間接照明を取り入れる最もオーソドックスな方法です。
天井照明を消してもサイドにテーブルスタンドを設置すれば、ベッド上でゆっくり読書を楽しめます。
ベッドが大きいサイズの場合には両サイドに置くのがおすすめです。

天井にスポットライトを設置して壁やベッドを照らす

シーリングライトの代わりにスポットライトを天井に設置する方法。
壁に飾った写真やポスターを照らすのもおすすめです。
ベッドを照らして読書をする時には、光が直接目に入らないように気を付けましょう。

ベッドの下に設置する

ベッドの下にフロアランプなどを設置するのもおすすめです。
寝室は暗すぎても不便な場所。
ベッド下を照らしておけば夜中にトイレなどで目覚めた時にも、つまずかずに歩くことができます。
照度が低いタイプなら睡眠の妨げになることもありません。

床にフロアスタンドを設置する

寝室で天井照明をあまり使いたくないけれど、テーブルスタンドだけでは照度が足りない場合にはフロアスタンドを設置してみましょう。
目に光が入らないように部屋の隅に置くのがおすすめです。

照明イメージ 2

まとめ

寝室の照明は、睡眠の質を左右します。
良質な睡眠を得るためにも、寝室に適した間接照明を選ぶようにしましょう。
お好みのおしゃれな間接照明を取り入れて、寝室での時間を快適に過ごしてくださいね。

中野照明商店の売れ筋商品!