目への負担や成長にも影響がある?子ども部屋の照明の選び方

img_blog_011_1

間接照明は子ども部屋にも取り入れることができますが、その際にいくつか気を付けた方が良いポイントがあります。
今回は子どもの成長に悪影響を与えない照明の選び方についてみていきましょう。

子ども部屋の照明の注意点

子ども部屋は、遊び、勉強、睡眠などさまざまな目的で使用される場所です。
そのため、子ども部屋の照明は、光が全体に行き渡るようにする必要があります。
勉強や読書をするときなどに、明るさが足りないと子どもの目に負担がかかってしまいます。
フロアスタンドやフロアランプだけでは照度が不足しがちなため、間接照明を子ども部屋に取り入れる際にはシーリングライトなどの主照明と組み合わせるようにしましょう。
その際、子どもの目の負担をできるだけ少なくするためのポイントは、ちらつきの少ない照明を選ぶこと、部屋全体の明るさと手元の明るさに差ができないようにすることです。
また年齢にもよりますが、子どもは予測不可能な行動をすることがあります。
照明を選ぶときには、割れにくいタイプや飛散防止加工のされているタイプをおすすめします。
電球や蛍光灯が剥き出しになっている照明は避けた方が良いでしょう。

照明イメージ 1

寝る前の照明

勉強や読書をするときには明るさの確保が必要ですが、寝る前にも煌々とした灯りの下にいると、子どもは眠りに就きづらくなります。
これは、色温度の高い昼光色や昼白色の灯りは太陽光に近く、脳が昼間だと誤解してしまうためです。
睡眠中には、子どもの成長を促す成長ホルモンが分泌されています。
成長ホルモンは深い睡眠中に分泌され、眠りが浅いと分泌されにくくなると言われています。
睡眠の質は子どもの成長に重要な役割を果たしているのです。
日本の家庭の照明は欧米に比べて明るい傾向にありますが、就寝前は子ども部屋だけでなくリビングなども明るさを抑えた柔らかい光に切り替えて、子どもが良質な眠りに就ける環境を作るようにしましょう。
光源の色はあたたかみのあるオレンジ色がおすすめです。

照明イメージ 2

子ども部屋におすすめの照明

それでは、子ども部屋におすすめの照明をご案内しましょう。

シーリングライト

多目的に使われる子ども部屋には、光が全体に行き渡るシーリングライトを主照明として設置しましょう。
ペンダントライトはおしゃれですが、明るさが確保できない可能性があります。
明るすぎても子どもによくないので、照度を調節できるシーリングライトがおすすめです。

テーブルスタンド

シーリングライトだけを設置すると、勉強するときなどに自分の体で影ができ、手元が暗くなる可能性があります。
集中力や勉強効率をアップさせるためにも、学習机にはスタンド式の照明を置いて手元を明るくするようにしましょう。

デスクライト

デスクライトは角度を調節できるタイプが多いため、手元の明るさを自分で調整できて便利です。
テーブルスタンドと同じように学習机などの上に設置します。

スポットライト

スポットライトでお子さんが壁に飾っている写真や賞状などをライトアップするのも素敵です。
クリップ式のスポットライトなら、子ども部屋の色々な場所に取り付けることができます。

まとめ

子ども部屋の照明には、全体に光が行き渡るシーリングライトなどの主照明と手元を明るくする間接照明を組み合わせることが大切です。
寝る前には柔らかい光を意識して、お子さんの成長に良い影響を与える照明選びをしていきましょう。

中野照明商店の売れ筋商品!