電球や色はどれを選ぶ?シーン別の間接照明の上手な取り入れ方

img_blog_012_1

お部屋をおしゃれでリラックスできる空間に変えてくれる間接照明ですが、使われている電球にはさまざまな種類や色があります。
今回は、それぞれの電球の特徴やシーン別の選び方についてご案内します。

電球の種類

間接照明で使われる電球には色々な種類があります。
それぞれの特徴やメリット・デメリットについてみていきましょう。

LED電球

LED電球は耐久時間が約40000時間と言われる寿命の長い電球です。
消費電力が少なく電気代を削減できるほか省エネにも貢献できるため、急速に普及が進んでいます。
スイッチを入れるとすぐに点灯するので、オンオフを頻繁に切り替える場所に適しています。
デメリットは初期コストが高いことですが、寿命が長いため交換やメンテナンスが少なくて済みます。

蛍光灯

蛍光灯はLEDには劣るものの、白熱電球に比べると寿命が長く消費電力も少ない電球です。
光が柔らかく全体を均一に照らすため、オフィスや店舗などでも幅広く使用されています。
デメリットは、スイッチを入れてから電気が点灯するまでに時間がかかること。
またオンオフを繰り返すことで寿命が短くなる特徴があるため、頻繁にスイッチを切り替える場所には不向きです。

白熱電球

昔から使われてきた電球で、初期コストが安く、スイッチを入れるとすぐに点灯するのが特徴です。
デメリットは寿命が短く消費電力が大きいことですが、調光が容易でオンオフの繰り返しに強いため、スイッチを頻繁に切り替える場所には適しています。
照らした対象物をはっきりとした陰影で立体的に見せるため、演出効果が高い電球とも言えます。

照明イメージ 1

電球の光の色

電球の光の色はケルビンで表される色温度の高低によって異なります。
色温度が高いほど青みの強い寒色系となり、低いほどあたたかみのある暖色系になりますが、具体的にはどのような色があるのでしょうか。

昼光色

太陽光よりも色温度が高く、青みがかった色です。
すがすがしくクールな印象の光なので、お部屋を爽やかに見せることができます。
色温度の高い光は覚醒効果があるため、頭をすっきりさせたいシーンや場所に最適です。

昼白色

昼光色よりも色温度が低く、太陽光に近い自然な白色です。
お部屋をいきいきと明るく照らしてくれ、ナチュラルな光を好む方に適しています。

電球色

昼白色よりもさらに色温度が低く、夕日に近いオレンジ色です。
あたたかみがあり落ち着いた雰囲気を演出してくれるため、ムードを重視する間接照明に最適です。

照明イメージ 2

照明の色をシーンによって変えてみよう

最後に、さまざまな生活シーンに合った照明の色についてご案内します。
ぜひ間接照明を取り入れる際の参考にしてみてください。

集中したいとき

集中力を高めたいときには、覚醒効果のある昼光色や昼白色の白色の光が適しています。
オフィスや勉強部屋などに取り入れると良いでしょう。

リラックスしたいとき

ゆっくりくつろぎたいシーンでは、あたたかみのあるオレンジ色の光が最適です。
たとえばリラックスしたいリビングには天井照明と共にオレンジ色の光源の間接照明を設置すると良いでしょう。
間接照明の柔らかい光が落ち着いた雰囲気を演出してくれます。

食事をするとき

レストランなどでもオレンジ色の照明がよく使われています。
あたたかみのあるオレンジ色は料理を美味しそうに、食器を美しく見せてくれる効果があります。

寝る前

就寝前に使用する照明の色は、覚醒効果のある白色よりもオレンジ色が適しています。
夕日や暖炉の色に近いオレンジ色は、心を落ち着かせてスムーズな眠りに導いてくれます。

まとめ

間接照明を取り入れたくても、電球の種類や色がたくさんあるとどれを選んだらいいのか迷ってしまいますね。
電気代をできるだけ抑えながら、お部屋をおしゃれで落ち着いた空間にするためにも、間接照明を設置する際には電球の種類や色にもこだわってみてください。

中野照明商店の売れ筋商品!