住まいの顔をおしゃれに。玄関照明の上手な選び方

img_blog_013_1

住まいの顔である玄関。
そんな玄関に設置する照明は、家族やゲストを優しく出迎えるほか、防犯の役割も果たしています。
今回は住居のイメージを決めると言っても過言ではない玄関照明の上手な選び方をご紹介しましょう。

玄関ポーチの照明

ある時は帰宅する家族を、ある時はゲストを出迎える玄関ポーチ。
住まいの顔となる空間でもあるので設置する照明にもこだわりたいですね。
また玄関ポーチの照明は、不審者などを近づけないようにする防犯の役割も果たしています。
では、玄関ポーチにはどんなタイプの照明が適しているのでしょうか。

「防雨型」「防雨・防湿型」

照明器具の防水機能はJIS規格によって定められています。
雨に濡れる可能性のある玄関ポーチの照明は「防雨型」または「防雨・防湿型」を選ぶようにしましょう。

LED照明

ご家庭によっては防犯のために玄関ポーチの照明を一晩中点灯させているかもしれません。
長時間点灯させることの多い玄関ポーチの照明には、消費電力の少ないLED照明がおすすめです。

センサー式

人や周囲の明るさに反応して点灯するセンサー式の照明は、必要な時だけ玄関を明るくしてくれます。
暗くなると人を検知して点灯するため、留守中の防犯や不審者対策にも有効です。

家のデザインに合わせる

家の顔でもある玄関の照明は、機能面だけでなくデザインにもこだわりたいもの。
家や玄関の雰囲気に合わせて照明を選ぶと統一感が出ておしゃれです。
シンプルなデザインは和風建築にも洋風建築にも合わせやすいですね。
さらにおしゃれ度を高めたいなら、和風にはレトロテイスト、洋風ならアンティークなデザインなどがおすすめです。

照明イメージ 1

玄関の中の照明は?

内玄関は、家族やゲストを家の中に迎え入れる空間。
照明を選ぶ際には、どのような点を重視すればいいのでしょうか。
内玄関では帰宅する家族やゲストの顔がしっかり見えることが大切です。
適度な明るさを確保できる照明を選ぶようにしましょう。
内玄関に使われる照明は、天井に直接設置するシーリングライト、壁に設置するブラケット、天井に埋め込むタイプのダウンライトが一般的です。
吹き抜け天井の場合は、吹き抜け用のペンダントライトを選ぶと良いでしょう。
ペンダントライトだけでなく、今はシーリングライトなどもおしゃれなデザインのものが豊富です。
玄関やお家の中のインテリアに合わせて選ぶのも素敵ですね。
灯りの色は、白よりオレンジの方が落ち着きますが、玄関先で来客対応をする場合もあるので、あまりムーディー過ぎる色は避けた方が無難かもしれません。

家の外周りのエクステリアにも照明を点灯させよう

門扉や外壁、カーポート、お庭など家の外周りの空間を包括してエクステリアといいます。
このエクステリアにも防犯、そして帰宅時の安全のために照明を設置することが大切です。
門柱灯、表札灯はもちろん、門扉から玄関ドアまでのアプローチにも小さな照明を等間隔に配置すると、暗がりでも安全に歩くことができます。
玄関ポーチと同様、人や周囲の明るさに反応して点灯するセンサー式の照明は、消し忘れもなく便利です。
カーポートにはしっかり明るさを確保できる照明、またお庭には夜のバーベキューなどが楽しめるようにガーデンライトを設置するのがおすすめです。

まとめ

お家の顔でもある玄関の照明は、防犯などの機能性はもちろんデザインも重視したいもの。
最近は照明の種類も豊富なので、ぜひご自宅の雰囲気に合わせたおしゃれな照明選びを楽しんでくださいね。

中野照明商店の売れ筋商品!