憧れのシーリングファンライト!機能性と選び方を要チェック!

img_blog_014_1

大きな羽にデザイン性のあるライト。
外国映画のようなオシャレさを演出できるシーリングファンライトに憧れる人も多いのではないでしょうか。
「欲しいけれど、自分のお部屋にも簡単に付けられるの?」「デザインは良いけれど、機能性はどうなの?」など、シーリングファンライトについての気になる点をまとめてみました。

シーリングファンライトとは

シーリングファンとは、天井に取り付ける大きな羽のファンと照明が一体化したものです。
装飾品のように考えている人も居るかもしれませんが、シーリングファンには部屋の空気をかく乱し、循環させられるという機能があり、実用品としても優れています。
羽の回転方向を変更できるタイプのものであれば、夏は床付近にたまるクーラーの冷気を上昇させ、冬は天井付近にたまる暖房の熱気を下降させることができます。
つまり、空調からの空気を部屋中に行き渡らせることができるのです。部屋中に行き渡らせることができるのです。
普通の照明器具として差し込み口に差せるタイプが一般的なので、新たに電源を引くなどしなくても、簡単に設置することが可能です。

シーリングファンライトのメリット・デメリット

シーリングファンライトの魅力は、まず何と言ってもデザイン性。
あるだけでお部屋のアクセントになり、オシャレな雰囲気を作り出してくれます。
空気を循環させるという役割は扇風機やサーキュレーターと同じですが、高い位置に設置するためスペースを有効利用できるのもメリットです。
暖房の効きにくい吹き抜けや高天井空間で、あたたかい空気が送られるよう使用すると効果的ですし、空気対流が少なくなりがちなマンションに取り入れるのもおすすめです。
エアコンと併用すれば、冷暖房のパワーを弱めても効き目が増すので、エアコンによる乾燥を抑えることもできます。
また、シーリングファンの消費電力はエアコンに比べれば極わずかなので、電気代の節約にもつながります。
一方デメリットは、お手入れ、掃除が大変だということです。
1年中活躍してくれるシーリングファンには、羽の部分が埃や汚れで汚れやすくなっています。
しかし設置場所は高いところなので、お掃除は簡単ではないでしょう。
また、シーリングファンライトは一般的なものでもかなりの重量です。
万が一落下してしまったら大けがになりかねませんので、取り付けの段階から十分な注意が必要です。

cigogne

まずは設置条件を確認!失敗しないシーリングファンライトの選び方

いざ購入を決意したら、お気に入りのデザインを探しに行きたくなるところですが、ちょっと待った!
シーリングファンライトは大きく重いため、すべての機種が、すべての天井に取り付けられるわけではありません。
例えば、天井高の低い部屋に大きなものを取り付けてしまうと、頭のすぐ上でプロペラがクルクル回ってうっとうしいという失敗に見舞われてしまいます。
また、2、3方向を壁で囲まれている場所への設置は音や振動が発生しやすいと言われています。
取り付けたい場所の天井やスペースはどのくらいか、耐えうる重量はどのくらいかなど、まずは設置条件を確認することから始めましょう。
そして、その条件に合うものをピックアップして選びます。
大きさは主に2種類のタイプがあり、十分なスペースがある場合におすすめの通常サイズの他、狭いスペースに圧迫感なく設置できる小型タイプもあります。
照明器具としての役割も忘れてはいけません。
室内が適切な明るさになるよう、照明の適用畳数もチェックしましょう。
他には、ファンを稼動させるためのモーターの種類や、消費電力などに、機種による違いが出てくるようなので、比較の材料にしてみてください。

まとめ

設置できれば、見た目にも華やかでお部屋の空気を快適にしてくれるシーリングファンライト。
上手に使ってオシャレに節約したいものですね。
条件とデザインがどちらもピッタリくる、あなただけの一点を是非見つけてくださいね!

中野照明商店のシーリングファンライト!