日本と欧米では照明の明るさが違う⁉欧米で間接照明が好まれる理由とは

テーブルランプ

アメリカやヨーロッパに旅行に行くと、日本と比べて照明が薄暗いことに驚く方もいるのではないでしょうか。
実は、日本でよく使われている蛍光灯は、欧米ではほとんど使用されていません。
今回は、日本と欧米の照明の違いとその理由についてご案内していきます。

日本と欧米の照明の違い

日本では、蛍光灯などの天井から床を直接照らす直接照明が使用されることが多くなっています。
スーパーやコンビニはもちろん、自宅でも煌々とした灯りの下にいる時間が長いのではないでしょうか。
これに対して、欧米では、直接照明ではなく壁や天井に光を反射させて床を照らす間接照明が好まれています。
間接照明は、テーブルの真下など明るさが必要な場所のみを照らすため、部屋全体は薄暗くなることが多いです。
日本人が欧米に行くと、部屋の中が暗くて違和感を覚えることがありますが、欧米人も日本の照明の明るさに驚くようです。
国にはそれぞれの文化があるように、日本人と欧米人で照明の使い方や明るさの感じ方が全く違うのは興味深いですね。

serie テーブルランプ

欧米人が強い光を好まない理由

日本では、平安時代の末期に明障子が誕生しました。
和紙を通して外からの光が部屋全体に広がるため、暗い場所が作られることがなかったのです。
日本人が蛍光灯のような部屋全体を明るくする照明を好んで使用するのは、この頃の文化が背景にあると言われています。
また、日本人の瞳は黒く光に強い特性を持っています。
一方の欧米人は日本人に比べて瞳の色が薄いため、光に敏感で明るすぎる光を好みません。
欧米人がサングラスをよくかけるのも同じ理由からなのです。
日本では、暗い所で本を読んでいると目を悪くすると注意されますが、欧米ではこれとは逆に、明るすぎる場所で本を読むと目が悪くなると教えられているようです。
また、欧米では、照明を「部屋を明るくするための道具」ではなくインテリアの一部として捉えています。
趣きやデザインの統一性を重視するため、明るさよりも部屋の雰囲気に合わせた照明を選ぶ傾向があるのです。

間接照明は上品で落ち着きのある空間を演出する

人間は自分に光が当たると緊張感を覚えると言われています。
間接照明によって陰影が作り出された柔らかい光の照らす場所にいると、自然と心が落ち着くのです。
日本でも、ホテルやおしゃれなレストランなどでは、欧米にならい、薄暗い間接照明が使用されるようになりましたが、これは穏やかなあたたかみのある光の中で、お客様にリラックスしてくつろいでもらうためです。
日本の多くの住宅では、直接照明が使用されていますが、リビングなど落ち着きを求める空間には、間接照明を取り入れてみると良いでしょう。
寝る前に蛍光灯などの青白い光を浴びると深い眠りに就きづらくなるとも言われています。
寝室に、暖色系で柔らかい光の間接照明を使うのは特におすすめです。
最近は、おしゃれで手頃な価格の間接照明も増えています。
いつものお部屋がぐっと上品で安らぎを感じられる空間に変化するので、ぜひ試してみてくださいね。

ビノールト ペンダントライト

まとめ

日本と欧米の照明の違いは、その国の文化だけでなく体質にも関係しています。
日本人は明るい蛍光灯を好みがちですが、穏やかな光の間接照明は上品でおしゃれな空間を演出してくれます。
欧米のような間接照明を取り入れて、リラックスできるお部屋づくりに役立ててみてください。

中野照明商店の人気スタンドライト商品!