間接照明の電気代はどのくらい?設置する前に調べてみよう!

img_blog_019_1

インテリアとしても人気のある間接照明。
部屋に取り入れてみたいアイテムのひとつですが、電気代が高くつくのではないかと心配している方も多いかもしれません。
実は間接照明でも電球の種類や設置場所を考えれば、節電につながります。
今回は経済的な視点から、間接照明の電気代についてご説明します。

間接照明とは?

間接照明とは光を天井や壁に反射させて使う照明のことです。
光を下に向かって照らす直接照明とは異なり、電球の光を直接目にしない温かみのある光が特徴です。
間接照明は寝室や階段などによく用いられますが、単に実用的な側面からだけでなく、ランプシェードの形によって反射する光の形の変化を楽しめるため、おしゃれなインテリアとしても人気を集めています。

電球 イメージ

間接照明の電気代は高くつく?安く済む?

照明器具の電気代は、消費電力(ワット(W))の値で決まります。
実際のところ、間接照明自体というよりも、照明に使う電球の消費電力から電気代を考えた方がよさそうですね。
一日の電気代は以下のようにして求めることが出来ます。

①電球の消費電力(W)を調べる。

電球本体や外箱に記載されています。

②電力量を計算する。

消費電力(W)×一日に点灯する時間(h)=電力量(Wh)

③電力量(Wh)をkWhに換算する。

電力量(Wh)÷1000=kWh

④1kwhあたりの電力量料金単価を調べる。

各電力会社や契約内容、使用料等で異なるため、契約している電力会社に問い合わせたり、ホームページで確認しましょう。

⑤電気代を計算する。

電力量(kWh)×電力量料金単価=一日の電気代

例えば電球が50W、一日8時間点灯、電力量料金単価が22.83円として計算すると、以下がその照明で一日にかかる電気代です。

50W×8h=400Wh
400Wh÷1000=0.4kWh
0.4kWh×22.83=9.132円

家庭での照明の電気代

一般的な家庭においては、照明の電力消費量はエアコン、冷蔵庫に次いで高く全体の14%を占めています。
毎日使っている照明の電気代を節約することは、家計にとっても環境にとっても、とても効果が大きいのです。

電球を選んで節電

テーブルライト イメージ

間接照明の電気代を考える際には、まず電球の種類が重要になってきます。
現在、家庭向けでよく使われている照明としては、白熱電球、蛍光灯、LEDランプがありますが、それぞれの電気代はどのようになっているのでしょうか?
一般的に、白熱電球は耐用年数が短く、消費電力も大きいため節電には不向きです。
一方、蛍光灯は白熱電球に比べて、同じ明るさにするために使用する電力は約4分の1程度。
非常に省エネなのが特徴です。
さらに、電球自体が長寿命で、価格もLEDに比べて安価なため、一般的によく使われています。

LEDランプとは、発光ダイオードと呼ばれる半導体を使ったもので、少ない電力で明るく点灯します。
蛍光灯よりもさらに省エネで、白熱電球の約5分の1程度の電力で同じような明るさが得られます。
LEDは一般的なもので寿命は約4万時間と長寿命で、仮に一日10時間点灯しても8~10年は持つ計算になります。
白熱電球などに比べて電球自体の価格は高めになっていますが、交換電球の購入費用や手間がかからないという利点があります。

配置を考えて効果的に使う

間接照明を設置する際には配置も重要です。
間接照明は光を反射させて使用するため、壁や天井の色が暗い場合、光の反射が弱くなり少し暗く感じるかもしれません。
リビングなど明るさを必要とする部屋に設置する場合は、反射させる壁や天井の色を検討したり、直接照明と組み合わせて使ったりすることも考えてみましょう。
ただし、照明の数が増えるほど電気代も増えますので、注意してくださいね。

まとめ

電気代の観点から見ると、間接照明も他の照明と同じように消費電力や使う電球を見直すことで、電気代の節約につながります。
また、上手に配置することで、明るさとおしゃれさ、節電を同時に叶えることができるでしょう。
照明を一つ変えるだけで、部屋の雰囲気もガラッと変わります。
間接照明の持つ特性をうまく生かして、居心地の良い部屋を作ってみてはいかがでしょうか。

中野照明商店の人気スタンドライト商品!