よくあるご質問

お客様からのよくあるご質問をまとめました!
その他、お電話やメールでのお問い合わせも承っておりますので、お気軽にご連絡くださいませ!

TEL:0120-873-317
FAX:050-3737-2376
営業時間:10:00~17:00(土日祝は除く)

メールでのお問い合わせはこちらから

電気代って、結構かかるんじゃない?

使用台数や頻度で変化いたしますが、一般家庭で使用する分には、そこまで気にする必要はない程度だと思います。
LED電球を使用することによって、電気代は少しばかり節約することはできます。
ただ、大きな会社などでのLED対策は確かに有効ですが、それこそ一人暮らしのお部屋等では、白熱灯と比べても微々たる差となります。
こちらの記事も参考にしてください!
間接照明の電気代はどのくらい?設置する前に調べてみよう!

少し暗い雰囲気にすると、視力が落ちちゃったりするんじゃない?

部屋の暗さが視力低下の原因であるという科学的な根拠はありません。
しかし、勉強や読書をするとき等に、明るさが足りないと目に負担がかかってしまうことはございます。
フロアランプなどのみの環境で読書等を行おうとすると、照度不足になりがちなので、シーリングライトと組み合わせて使用するのがオススメです。
またパソコンなどの強い光を見続けることも、目に悪影響を及ぼす原因の一つですので、落ち着いた光の中で目を休めるということも大切です。
こちらの記事も参考にしてください!
暗いと目が悪くなるのは本当?視力低下の原因と照明の正しい使い方
目への負担や成長にも影響がある?子ども部屋の照明の選び方

天井照明は取り付けるのに、工事とか必要なのかな?

当サイトで取り扱っている間接照明は、居酒屋やバー等の飲食店とかで使用している間接照明とは異なり、基本的に工事などの必要はございません。
引っ掛けシーリング等で、簡単に取り付けることが可能でございます。
※「シーリングファンライト」のみ、天井に穴をあける等といった作業が必要な場合がございます。

電球が熱くなったりして、危ないんじゃない?

確かに、白熱灯等を使用した場合は、電球が熱くなります。
その際、火傷する可能性がございますので、電球には触れないようご注意ください。
特に小さいお子様がいる環境では、照明器具を手の届かない場所に配置する等して、怪我のないようお気を付けください。
常識の範囲内でご使用いただければ、間接照明は火を出すわけではないので、直接的な火事の原因とは成り得ませんので、ご安心ください。

部屋に合わなかったらどうしよう…。

基本的に、間接照明と合わない部屋というのはございません。
普通に使っている照明と、間接照明との使い分けなども楽しんでいただければと思います。
置き型の間接照明のポイントは、壁に光りを当てるということです。
部屋の真ん中ではなく、四つ角のどこかの角に置いていただけると、間接照明も活躍しやすいと思います。
こちらの記事も参考にしてください!
間接照明を取り入れたインテリアでお部屋をおしゃれな空間に

間接照明を使ったとしても、部屋はオシャレにならないんじゃない?

家具がひしめき合っていたり、部屋中が汚れているなど、物理的にどうしようもない部屋でなければ、確実に部屋の雰囲気はオシャレになります。
間接照明に関してよく言われるのが、「家具は一部をオシャレにし、照明は部屋全体をオシャレにする」ということです。
更に、家具は家具同士のコーディネートが必要ですが、照明は一つで部屋全体に明るさが行き渡るので、間接照明を置いていただけるだけで、部屋はオシャレに一歩も二歩も近づきます。
是非一度、間接照明を試してみてください!
こちらの記事も参考にしてください!
ひとり暮らしの空間には、間接照明をスタンドライトで取り入れる!